家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

4月28日  1日目
155.15km


「終わりのはじまり」

最後にしてツールドブルーアイランドのシステムが大きく変わる。うしろにうしろにクライマックスを持って行こう。だんだん気持ちが盛り上って行くようにしよう。そんな1日目は「終わりのはじまり」とても気持ちのいいショートルート。たおやかな瀬戸内の山々に抱かれて走る。

1日目のスタート。ここからが本当のTBIの始まりである。この時、既に焦っている。なぜ?

4月28日、AM6:30頃、目がさめる。晴れている。今日からTBIは始まるわけだが、昨日で受付・車検を済ませているので余裕である。会場は既に受付・車検が昨日に引き続き行われている。パルクフェルメに置いてあるバイクにマップホルダーをセットする。水上さん上原さん馬場君たちは今日、会場入りで手続きをしている。私と長ちゃんは会場にいる顔見知りの人たちと会話をしながら邪魔?をして時間を潰した。
AM10:00頃、ダッフルバッグを預けに行き計量してもらうと、何と重さが16.5kgもあった。そして、背負うザックはランチパックなどを足したら12kgもあった。7日間も背負うと思うと憂鬱である。昼食があるというので貰いに行くと、またまた、うどんである。でも腹が減っているので全部いただく。
PM0:30より、ブリーフィングが始まった。お決まりの進行で事は進み、PM2:00より予定どうりグランドスタートするようである。
装備をキチンとしてバイクの元へ行き、なんとなくバイクを眺めていると、ん?サブライトスイッチが入っている。さっき、マップホルダーを付ける時にでもスイッチが入ったんだろうくらいに気にも止めていなかった。(これが後でトラブルの原因になるのである)
PM2:00より1番から2台づつスタートが始まった。私は宇野さんと一緒になった。宇野さんには去年のカントリーのラリーで色々とお世話になったので今回は迷惑を掛けないようにしなければ…。とか考えているとスタートが近くなってきたのでエンジンを掛けようとセルボタンを押した。げっ!ウンともスンともいわない。今から修理など到底無理なので、とりあえずキックで始動してスタートする事にした。サブライトのスイッチが入りっぱなしだったからヒューズが切れたのだろうか?心の中では焦りまくっているのだが表面上は落ち着いた振りをしてスタートした。(だって絶対に撮影されているはずだから…)スタート後、広い道路に出た所で修理をする為に脇に止めた。ここで、もう一度セルボタンを押してみた。ぎゅーっ。おっ!少し動いた!という事はヒューズ切れではなくバッテリーが上がっているということだ!それじゃスイッチは何時から入りっぱなしだったんだ?とか考えながらSS会場に急ぐことにする。
今日はSS−1(2.00km 特設コース)の1本だけである。約65kmの地点が会場である。スタートが遅かったので、既にSS待ちでずらっと並んでいる。しかも坂道だ。過去に出たSSERとグループNを思い出した。SS待ちの渋滞がイヤで、過去1回づつしか出ていない。坂道のうえバッテリーが上がっているのでエンジン掛けたままで少しづつ移動していたら水が噴き出した。あわててエンジンを切ったのだが、今度はヒートしてキックで掛からない。しょうがないので坂を下って押掛けした。(6速に入れててもロックするんですね。下まで下ってしまった)再度並んだ後は坂を押して移動し、上の広場に行く順番になったので始動を試みるのだが、今度は疲れも加わり掛けれない。押し掛けで下ったら再度並びなおさないといけないので、オフィシャルに頼んで押し掛け後に広場に入れさせて貰うようにお願いして入れてもらった。もうこの時点で物凄くバテバテである。初日から最悪だ〜!とか思いながら順番が来るまで疲れを取ることにする。しかし、SSに入ってエンストしたらエンジンがヒートしてるしセル回らんし再始動は困難やな〜。こりゃ絶対にエンストしたらダメや!などと考えてたら憂鬱になるは疲れは取れんはで悪循環である。順番が近づき、もうバテバテなので、やってはいけないスタンドを立ててのキック始動。上手く一発で掛かった!だがスタンドが心配である。
スタートした。とにかくエンストだけは避けねばと慎重に走っていると、下りに入るコーナーをアフリカが止まって塞いでいる。少し隙間があったのですり抜けて下ろうと思ったら、下にGSが横たわっている。うそやろ〜!と思いながらも何とか避けてすり抜け成功。バテバテながらもエンストに気を付けゆっくり走る事にする。その後3台の障害物を避けながら何とかゴール。全然ペースを上げられなかったが仕方がない。
SS終了後、PC1を目指す。PC1で給油し、次のPC2を目指す。リエゾンを走行中、誰も後ろを付いて来ないなと思ったのだが、PC2に付いた時に山田さんが近づいて来て「138番 赤木君!路肩左側すり抜け…。」げっ!リエゾンでオフィシャルカーを抜いたらしい。誰も付いて来ない訳だ。すかさず謝罪していると。「今回は多めに見るが、2回目は大ペナルティーだよ…。」は〜、助かった。でも完全に顔覚えられたな〜。これからはリエゾンはおとなしく走らないと行けない。
後、残り40kmでゴールだ。ここからは長ちゃんと一緒に走る。この頃にはバッテリーも充電されセルは回復した。周りが薄暗くなってきた頃、やけにエントラントが逆走してくる。ビールでも買いに戻っているのかな?120km程走ったところで、コマ図が合わなくなった。困っていたら、この辺りに詳しい人がいて、その人に付いて行き無事にキャンプ地に到着した。(みんな迷っていたらしい)
結構な台数が帰っていたが、整備する車両が少ないのでテントを張った後にオイル交換をする事にする。作業中にポツポツと雨が落ちてきた。急いで終わらせる。
食事の準備が遅れて腹がすいたが、ありつけて一息ついた。今日は初日で150kmしか走っていないので、まだみんな元気である。(私だけバテバテ?)笑い声が絶えない。食事後、長ちゃんとコーヒーを飲みながら今日の出来事をPM11:00頃まで会話してテントに戻った。
今日は本当にバタバタした日だった。明日は余裕があるのかな?翌日のコマ図を張り替えて就寝。アラームはAM5:00にセットした。
本日の総合リザルト
順位 TOTAL
赤木 34位 0:04:44
長倉 30位 0:04:41

2日目

TBI日記