FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

2日目  4月29日
407.16km


「全ては、この日のために」

ラリー2日目は、降れば足切り?晴れればまさに全ては、この日のためにあったかと思うばかりの好ルート。晴れることを祈ってルートのタイトルもまさに「全ては…」四国の深い山々と太平洋、真夏の陽射し、四国の醍醐味の全てを2日目に。
2日目の朝。 朝食後、食器を拭く長ちゃん。

AM4:30起床。アラームがなる前に目が覚めた。夜中に降り出した雨は止んでいる。テントは濡れているが撤収は楽だ。5時過ぎに長ちゃんを起こし撤収後に朝食を食べに行った。今日は天気が怪しいので最初からカッパを着ることにする。ブリーフィングまでリザルトを見たり、マップホルダーを装着したりしてしばし待機。
AM6:30。ブリーフィングが始まった。今日のPC地点、開設時間(SSも)の発表や注意事が述べられ、解散後、スタートの準備に取り掛かる。
AM7:00。スタートが始まった。30秒間隔の1台づつの発進。昨日の走行でバッテリーも充電されたらしく問題なくセルは作動した。(スタート4・5台前くらいまでエンジンを掛けられないので心配だった)スタート後、まずは約26km地点のSS−2に向かう。
SS−2に到着。ここは2.52kmの林道だ。普段、林道は飛ばしたりしないので自信はない。スタートが速かったせいか、さほど待たずにスタート出来た。設定はつづらの上りセクションだ。スタート後すぐに1台のバイク(多分、XR250か400)に追いつくが抜くのに手間取ってしまった。パス後、ペースを上げたいのだが、オーバーラン2回するわ、ザックが重くて身動き取れないわで、いつしかXR600に追いつかれる。ペースが上がらないので先に行かせた。後ろに着いているとリズムが取れ、ゴールまでビッタリ引っ付いて行けた。
SS終了後、給油をしながらPC1・PC2とこなす。この間に雨が降り出した。PC2をPM2:00頃通過したので、SSの開設時間までは大分空いているので途中、長ちゃん(いつの間にか一緒になっていた)と閉まっているスタンドでランチパックを食べたりして時間を潰すことにする。休憩中に何人かのエントラントが通り過ぎて行く。結構な時間、休んだのでSSに向かう事にする。
SS−3にPM6:00頃到着。開始まで1時間ほどあるのだが、30〜40台くらい前にいるだろうか。この頃には雨も小降りだったので、もう少し早く来ても良かったかな〜と思った。SS−3は今回最初のナイトランである。しかも11.67kmもある林道だ。暗くなりだした頃、ライトの光軸を合わせるために所々で点灯している。ハッキリ云ってお話にならない位に周りのバイクは明るい。(大体、ノーマルライトは私以外に何台いるんだ)林道を飛ばすのも怖いのに、更に暗いライトで走ると思うと緊張が高まる。
PM7:00を過ぎた頃SSが開始された。スタート後、目が慣れていないせいもあるが、ほとんど前が見えない。道幅が広いので灯りがぼやけて照らしている。しかも高速セクションだ。ダメだ!全然ペース上げれない。(というより怖くてたまらない)途中XR650Rに、物凄い勢いで抜かれる。着いて行きたいが怖い。あっという間に行ってしまった。あまりにも暗くて見えないので、ゴーグルを外した。ほんの少し見えるようになった気がした。下って橋を渡ってからは、両側が壁と草木でライトが当たるので、少しペースを上げれた。やっとゴール。長かった。ここのSSはタイム差が大きいだろうな。ライトはきちんとやって置くべきだったと悔やんだ。
SS終了後、キャンプ地へ向かう。到着後すぐにテントの設営。着替えて食事に行ったらテーブルはビショビショだ。雨も強くなってきた。着替えなければ良かった。食事後、ブラブラしていたら、恒さん発見。途中で燃料ホースが切れてガスが無いらしい。私のバイクは明日の給油予定地ギリギリしか入っていないので、長官さん(#176 アフリカツイン)に燃料を分けてくれるようにお願いした。(燃料は無事に貰えたようだ)
PM11:00頃テントに戻り、明日のコマ図貼りとチェックをして就寝。アラームをAM5:00にセット。
本日の総合リザルト
順位 TOTAL
赤木 50位 0:25:17
長倉 38位 0:24:46

3日目

TBI日記